2017年モデル ”iPhone 7s(仮) / Plus(仮)” の噂・うわさ・ウワサ…

iPhone7sの噂

「はてさて、本当に登場するのでしょうか?」

毎年、この時期(7月~9月)になりますと、iPhone関連の噂で持ちきり…
今年はiPhone 8(仮)の他に、iPhone 7s / Plus(あくまでも仮)という3モデル展開が予想されていますが、実際はどうなるのでしょうか。
今回毎年、この時期(7月~9月)になりますと、iPhone関連の噂で持ちきり… 今年はiPhone 8(仮)の他に、iPhone 7s / Plus(あくまでも仮)という3モデル展開が予想されていますが、実際はどうなるのでしょうか。今回は、既存のモデルのアップグレード版(となるであろう)、iPhone 7s / Plusについてスポットをあててみます。は、高性能モデルのiPhone 8ではなく、既存のモデルのアップグレード版(となるであろう)、iPhone 7s / Plusについてスポットをあててみます。

http://appleinsider.com/futures/iphone-7s

appleinsider

予想

おそらく間違いなく…

  • 4.7・5.5インチ
  • 液晶ディスプレイ

たぶん…

  • 10nm「A11」プロセッサ
  • 5.5型モデル用デュアルレンズカメラ
  • ガラスバック
  • ストレージは32GBからスタート

おそらく、ない…

  • ワイヤレス充電

概要

Appleが2017年秋にiPhoneの3つのモデルを発売すると考えられています。おそらく9月17日以降に、iPhone 7(同Plusモデル)のリフレッシュ版、iPhone 8の3つのモデルが発売される予定です。4.7インチと5.5インチのiPhone 7のリフレッシュモデルでは、噂の “背面にガラス(ガラスバック)”や “A11プロセッサ” など、既存のスマートフォンにいくつかの変更が加えられる可能性があります。

2017年、iPhoneが10周年を迎えるため、大きな変化が起こる可能性があります。実際にアナリストは、アップルの2017年のアップグレードが
「前例のない交換需要」
に繋がると述べています。
※2017年度の後半、1億2,000万~1億5,000万台規模の生産を増やすことを明らかにしています

今回の大きな変更は、iPhone 8モデル(と呼ばれる)のアップグレードの一環として “第3のiPhone” を導入することです。この高性能モデルは、ディスプレイ用のOLEDパネル、ステンレススチール、湾曲したガラスバックのシャーシ、および5.8インチのディスプレイを備えていると言われています。このハイエンドモデルの追加に伴い、リフレッシュが期待される2つのスマートフォン、iPhone 7sとPlusがあります。OLEDを使用するのではなく、これらの2つはLCDパネルの使用を継続していると考えられ、iPhone 7と同様の4.7インチと5.5インチのディスプレイ・サイズの提供が予想されます。したがって、今回のiPhone 7s(Plus)は、iPhone SEと高性能モデルとの間、つまり新しいミッドレンジの携帯電話機の位置づけになるであろうと予測されています。

命名規則

Appleが今後のリフレッシュのために、iPhoneに名前を付ける方法について変化が生じることを示唆する噂は未だありません。ハイスペックのiPhone 8とは別に、Appleは5.5インチのモデルをiPhone 7の「Plus」というサフィックス(現モデル同様、モデルの後ろに “Plus” の名前がくっつく)で表示し続ける可能性があります。しかしながら、AppleがiPhoneリフレッシュ用のネーミングシステムを継続し、これまでの世代の名前と同様 “s” を追加するかどうかは不明です。
現在のところ、4.7インチと5.5インチのモデルは、非公式でiPhone 7sとiPhone 7s Plusと呼ばれています。

ちなみに、高性能のOLEDモデルでは、iPhone 7と比較して、世代交代の意味合いがあり、iPhone 8を含むいくつかの名前で呼ばれています。
※iPhoneの10倍の性能を参照して “iPhone X” とも呼ばれています

ガラスに戻る?

iPhone背面ガラスに戻る  出典:appleinsider
“背面にガラスになる”
以前あったモデルのように、背面がガラスになる可能性があります。AppleのサプライヤCatcherは、来年のiPhoneが、ほぼガラス製の筐体に移行することを「確認」しているのですが、この動きはあくまでも「暫定的」なものです。 2017年5月10日のリークでは、(非サファイア)アップルウォッチのディスプレイに使われているものと同じガラスである “Ion-Xガラス” を使ったiPhoneのリアシェルであると主張しています。

カメラの改善

iPhone7sPlusカメラ  出典:appleinsider
アップルは普遍的な光学式画像安定化機能を備えたデュアルレンズカメラを、5.5インチモデルに搭載する予定だという噂が流れています。iPhone 7とiPhone 7 Plusでは、12メガピクセルのセンサーを搭載しました。このセンサーは、従来のiPhoneカメラと比較して60%速く、30%もエネルギー効率が向上しました。これに関連する噂はまだありませんが、アップルがリフレッシュのためにセンサー解像度を同じ状態を保って出す可能性があります。

防水/防塵

iPhone7sPlus防水防塵  出典:appleinsider

iPhone 7では、IP67の評価を受けました。これはつまり、1メートル(3.28フィート)の深さに30分間浸水することができ、埃や汚れに対する耐性があるということです。iPhone 8の場合、これをIP68にアップグレードして、1.5メートル(4.92フィート)まで向上するようです。

A11プロセッサ

次期モデルは「A11」と呼ばれる優れたプロセッサを搭載する予定です。2015年のiPhoneで使用されている14および16ナノメートルの設計よりもさらに縮小する10ナノメートルのFinFETプロセスを使用し、TSMCによってチップの2/3が製造されるとの報告があります。アップルとTSMCは、A11の製造を準備する初期段階にあると伝えられています。TSMCが注文を分かち合うとなれば、やはり同社のサプライヤーはサムスンとなるでしょう。
2月下旬のレポートによりますと、TSMCは、3月末前に “iPhone 8” “iPhone 7s” “7s Plus” の生産に向けて、A11プロセッサに使用されることを強く示唆していました。
3月末、中国語版 “Economic Daily News” の別レポートによりますと、TSMCは4月にA11の量産を開始すると発表しました。
A11はA10よりも高速で効率的でなければなりません。虹彩や顔のスキャン、長距離無線充電やバイオメトリックの追加などの機能も含まれるという噂も広がっています。更に噂では、新しく改善されたTaptic Engineがより複雑な振動パターンをサポートすることを示唆しています。

ワイヤレス充電

iPhone7sPlusワイヤレスチャージ?  出典:appleinsider

Foxconnは、Appleの2017年のスマートフォンで実装が見られるかもしれない無線充電ハードウェアをテストしていると言われています。報道によりますと、ワイヤレス充電はハイエンドのプレミアムモデルに限定される可能性があり、アップルがOLED技術のような最先端の機能をフラッグシップデバイスで実現するという噂が繰り返されています。iPhone 8のワイヤレス充電機能ですが、Luxshareの技術に基づいた別のアクセサリによって実現される可能性があることを示唆しています。
アナリストのMing-Chi Kuo氏によりますと「iPhone 8」は急速充電機能を持つと述べましたが、秋に到着予定の他のiPhoneモデルにも同様の機能が導入されるかどうかは不明です。

Appleは長距離充電を可能にする強力な技術に取り組んでいます。最近、超音波を利用して離れた場所から充電する技術を開発しているuBeamの2人の専門家を雇いました。AppleはiPhoneのような高エネルギーアプリケーションが可能なワイヤレス充電を提供できるメーカー探しに乗り出しています。

lightningからUSB Type-Cへ

AppleはLightningケーブルを変更する可能性があります。
アナリストのMing-Chi Kuo氏、KGI Securities社のメモによりますと、今後発売されるすべてのiPhoneでは
「USB Type-Cへの電力供給」
が使用され、LightningケーブルがUSB Type-Cに変更される可能性があります。
これにより、Lightning搭載のiPhoneをMacBookまたはMacBook ProのUSB Type-Cから直接充電することができ、ドングルを追加する必要がありません。

True Tone

iPhone7sPlustruetone  出典:appleinsider

2017年3月のBarclaysアナリストの研究ノートによると、オーストリアのAMSが提供するフルスペクトラムセンシング環境光センサーを搭載したTrue Toneテクノロジーを今年発売する予定です。iPad Pro 9.7inchに最初に導入されたTrue Toneは、4つのセンサーを使って周囲の光の状態を検出し、iPadの使用場所に合わせてディスプレイの白色点と明るさを変更するシステムです。画面の明るさと色をわずかに変えることで疲労を軽減するのに役立ちます。睡眠パターンを妨げると言われるブルートーンライトの露出過多を防ぎます。Appleは特許で、他の分野でのディスプレイ技術の使用に関心を示しており、将来のiPad ProモデルとiPhoneの両方のために、他のデバイスにこの技術を組み込む可能性があります。

Siri

アップルの2017年のiPhoneモデルでは、Siriの拡張版を同梱する予定です。

メモリとストレージ

2月のTrendForceからの報告によりますと、5.5インチモデルは3ギガバイトのDRAMを使用し、4.7インチバージョンは2ギガバイトのメモリを搭載する予定です。これはiPhone 7世代と同様のシナリオです。標準モデルとPlusモデルはそれぞれ2ギガバイトと3ギガバイトのメモリを持っています。同じTrendForceレポートによりますと、iPhone 7の携帯電話のストレージは、規模の下端で32ギガバイトから始まると考えられています。 4.7インチモデルの他のストレージ容量については言及していませんが、5.5インチバージョンには256ギガバイトのストレージオプションが含まれていると考えられています。

ヘッドフォンアダプター

iPhone7sPlusヘッドホンアダプタ  出典:appleinsider

iPhone 7とiPhone 7 Plusの場合、Appleはアナログヘッドフォンジャックを無くし、ユーザーにBluetoothまたはLightning搭載のワイヤレスヘッドフォンを使用させました。妥協案として、アップルには3.5mmヘッドフォンジャックアダプター(Lightning to 3.5mm)が同梱されており、既存のオーディオアクセサリーをiPhoneに接続することができました。

AppleがiPhone 7用のヘッドホンジャックを取り入れることになる可能性は非常に低いものの、同社は引き続き顧客が接続オプションから離れようとしている可能性があるという噂があります。Mac Otakaraによりますと、アップルは将来のiPhone用にアダプタを箱から出して、アクセサリを別途購入するか、BluetoothまたはLightningヘッドフォンに切り替えるかを顧客に選択させる可能性があります。

WistronがiPhoneの生産をインドにもたらす

噂によりますと、Appleは今年後半に2017のiPhoneを生産する計画で、Wistronをインドの最初のiPhoneメーカーに選んだといいます。Wistronは、中国昆山(Kunshan)で生産準備のために拡大したと伝えられています。Appleの代理人は、インドの政府関係者と話し合って、同国で製造を約束する前に同社が望む内容について話し合う予定です。iPhoneの製造は通常、発売前の2〜3ヶ月で始まるため、Appleは6月または7月までAppleに時間を守って製品を提供します。6月の報道によると、WistronのCEO、Robery Hwang氏は「iPhone 7s」の防水や「8」モデルの「ワイヤレス充電」など、次世代のiPhoneに搭載される新しい機能を確認しています。

価格設定

UBSのアナリスト、スティーブンミルノビッチ氏はiPhone 8の価格についてiPhone 7sとiPhone 7s Plusの価格をモデルあたり約100ドル引き下げるとみています。
価格の低下はまた、Appleが中国でのiPhone販売活性化を助けるかもしれません。

金型・リアカバーなど

iPhone7sPlusレンダリング001  出典:appleinsider

iPhone 8と主張していますが、本物の場合iPhone 7sとiPhone 7s Plusの2サイズで、描写されたスマートフォンはiPhone 7sである可能性があります。

画像には、背面に垂直配置された一対のカメラ、ワイヤレス充電コイルのための「切り取った領域」およびガラスバッキングがあります。前面にも一対のカメラがあり、3Dセンシングシステムやレーザースキャニングモジュールに使用される可能性があります。

iPhone7sPlusレンダリング002  出典:appleinsider

Slashleaksが5月20日に明らかにした金型のトリオですが、2017年iPhoneラインの潜在的なサイズを示すように見えます。金型が本物であれば、各装置のシャーシ、またはリアカバーの作成に使用される可能性が高いです。

真ん中は「iPhone 8」
左側には「iPhone 7s Plus」
右側には「iPhone 7s」
だと考えられています。

金型はまた…
「iPhone 8」が垂直デュアルカメラ配置
「iPhone 7s」は1つのカメラ
「iPhone 7s Plus」は通常の水平配置
となることを示唆しているようです。

特に7sデバイスにはフラッシュスペースがあり、それがiPhone 8にはないため、フラッシュがカメラバンプ自体に組み込まれている可能性があります。

iPhone7sPlusレンダリング003  出典:appleinsider

背面パネルの写真のマーキングが原因で、画像が本物であるかは疑わしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もいかがですか?

kiimi5.com

デジタル、車載動画を紹介しているサイトです。

Monthly Archive

Site Map

記事一覧はこちら

Profile

kiimi5のご紹介

News

最新ニュースはこちら

AD

Tag

iphone / iPad / おすすめ / iOS / アプリ / レビュー / apple / 2017 / 北海道 /  / rumor / Mac / 方法 / 東京 / sim / Wi-Fi / pro / Hokkaido / iPad mini 4 / android / windows / 観光 / データ / bluetooth / 10 / スポット / mini / うわさ / mobile / キーボード / スピードテスト / uq mobile / バッテリー / iPad mini 5 / 無料 / 設定 / スマートフォン / 函館 / 価格 / WWDC / asus / au / 栃木 / 六花亭 / 予想 / ホテル / iPad Pro mini / お土産 / サービス / OSX / 登録 / 千葉 / 通信 / CPU / デザリング / 帯広 / MVNO / 6s / 宇都宮 / メニュー / モバイル / tochigi / 購入 / utsunomiya / lte / windows 10 / セブンイレブン / おみやげ / プラン / 札幌 / plus / サイズ / keyboard / iPad mini / グルメ / デニーズ / カード / MacBook / Air / Panasonic / 展望台 / 16GB / エネチェンジ / USB / review / 発表 / 500kbps / 関東バス / 3GB / ファイル / 発売日 / 小技 / リリース / touch / モデル / phone / 高速 / obihiro / Spring / テクニック / UQ / iPhone 6s / Uwasa / 7.9 / ソフトクリーム / Smart Keyboard / 電力自由化 / 美味しい / GoodReader / 名古屋 / 32GB / 5 / サービスエリア / RAM / 節約 /  / ワザ / 釧路 / クリーム / docomo / 足湯 / 無制限 / カメラ / Event / 違い / PC / Amazon / Siri / 制限 / レンタル / 群馬 / ファイラー / iTunes / chiba / イオンモール / コーヒー / iPad Pro 2 / 小樽 / 温泉 / 変更 / JR / x205ta / ストレージ / 佐野 / メモリ / SA / できない / 表示 / Starbucks / ラッキーピエロ / カフェ / 登別 / モバイルルーター / RBK-3200BTi / REUDO / 壁紙 / 契約 / まとめ / 保存 / safari / 静岡 / 写真 / イベント / Micro / 128GB / ZenFone / 松山 / Selfie / ショップ / Microsoft / Four / 計測 / お得 / ベアリング / 通知 / 10.5 / 12.9 / セブン-イレブン / 愛媛 / ランチ / 

error: Content is protected !!
- Menu -