(噂) iPhone 8 or iPhone X or iPhone 7s or iPhone 7s Plusのうわさをまとめました

uwasa_iPhone

「2017年、秋にはどうなるでしょうか?」

そろそろ様々なサイトから “iPhone 8 or iPhone X or iPhone 7s or iPhone 7s Plus” の噂が出てまいりましたが、僕も興味がありましたので、自分なりにまとめてみました。あくまでも “噂” です。気楽な気持ちで読んでいただければ幸いです。

更新 20170511

(噂)iPhone 8に顔認識カメラ機能が搭載?

更新[2017.4.1] iPhone 7s / 7s plusについて

3Dカメラ / Qi ワイヤレス充電 / A11チップ搭載?

inquisitr

未確認ですが、次世代のスマートフォンは強力で画期的なiPhone 8 / iPhone Editionと、圧倒的な2つのデバイス “iPhone 7sとiPhone 7s Plus” が予想されています。

iPhone 7sとiPhone 7s Plusは、iPhone 8 / iPhone Editionと比べて手頃な価格ながら、同じプロセッサを搭載している可能性が高いです。TechRadarの報告書によると、2017年、すべてのスマートフォンに、最新のモバイルプロセッサ、 A11チップを装備するという可能性が高いです。

iPhone 7sとiPhone 7s Plusがパフォーマンス面で業界をリードすることは確実です。3GBのRAMを搭載する予定で、ワイヤレス充電機能が魅力的です。2017年のiPhoneには、ワイヤレス充電機能が搭載されている可能性が高いです。

iPhone 7sとiPhone 7s Plusは、iPhone 7 / iPhone 7 Plusと同じフレームを搭載することになりそうです。これはiPhoneファンにとって失望してしまうポイントですが、前述した性能の向上と新機能の他に、デバイスのカメラに焦点が当たると噂されています。MacWorldのレポートによると、AppleがiPhone 7sとiPhone 7s Plus用の特別な3Dカメラを設計している可能性が高いです。この3Dカメラは、iPhone 7sとiPhone 7s Plusで高度なセキュリティ機能とAR機能を実行するために利用されます。

これらの機能により、2017年、iPhone 7sとiPhone 7s Plusが、今年は魅力的なアップデートとなる可能性があります。

iPhone 7sとiPhone 7s Plusは、iPhone 8 / iPhone Editionと同じイベントで公開される予定です。

今年9月には、これらのデバイスが発表される予定です。

今回の噂の引用元

概要

Appleは2017年に予定されている大規模なiPhoneのアップデートを計画しています。
ガラス本体とエッジ・ツー・エッジのOLEDディスプレイが内蔵、そして、Touch ID指紋センサーと前面カメラが内蔵されています。このOLEDモデルを “プレミアムモデル” と位置づけ、更に(標準的な、従来のモデルを踏襲した)4.7インチおよび5.5インチのiPhoneとともに販売される可能性があります。

*期待される機能とバリエーション*

  • 5.8インチのOLEDディスプレイ
  • 1つのOLEDモデルと2つの標準モデル
  • より速いA11プロセッサー
  • ガラスボディ
  • エッジ・トゥ・エッジディスプレイ
  • ディスプレイに統合されたカメラとTouch ID
  • ホームボタンの廃止(一部モデル)
  • ワイヤレス充電

*詳細*

  • OLEDのiPhone 8を5.8インチの “プレミアムモデル” と位置付けます。従来のLCDスクリーンを備えた標準の4.7インチおよび5.5インチのiPhoneモデルと一緒に販売する可能性があります。この3つのモデルにはガラス本体とワイヤレス充電が含まれます。
  • OLEDのiPhoneは高価になるだろうと予想しています。複数の噂ではこの “プレミアムモデル” では1000ドル以上で売られるとの噂もあり、これは以前のiPhoneよりも高価です。
  • iPhone 8には、耐水性(IP68)が期待されます。これは雨、水しぶき、および水中への短期間の浸水に耐えることができることを意味します。
  • iPhone 8には、Lightningコネクタの代わりにUSB-typeCポートを採用する可能性があります。
  • iPhone 8には、10ナノメートルのA11チップが搭載されます。
  • iPhone 8には、ワイヤレスチャージングやアイリス、フェイシャル、ジェスチャ認識などの “バイオメトリック追加機能” も採用してくる可能性があります。
  • iPhone 8の前面カメラには、PrimeSenseによる技術を使用した3D検知機能が含まれ、顔や虹彩の認識を可能にすることができます。
  • iPhone 8は現在開発中であり、2017年秋に発売される可能性が高く、発売の数カ月前には具体的な仕様についても明らかになっていくことでしょう。

ネーミング

Appleの標準的な命名計画に従い、内部設計の変更のみを表すため「s」とマークしていました。順当であれば、2017年のiPhoneは「iPhone 7s」と呼ばれるはずです。ただし、Appleが2017年のiPhoneに大きな変更をしてくるのであれば、iPhone 2017年版は「8」となる可能性が出てきます。

2007 – iPhone
2008 – iPhone 3G
2009 – iPhone 3GS
2010 – iPhone 4(新デザイン)
2011 – iPhone 4s
2012 – iPhone 5(新デザイン)
2013 – iPhone 5s
2014 – iPhone 6とiPhone 6 Plus(新デザイン)
2015 – iPhone 6sとiPhone 6s Plus
2016 – iPhone 7とiPhone 7 Plus
2017 – iPhone 8(新デザイン?)

iPhone 8は、あくまでもこのデバイスの仮称であり未だ確認されていませんが、主要なアップデートでは最も現実的な命名選択であると思われます。しかし、Appleは2017年に3つのiPhoneモデルを生みだすことで、ユーザーを混乱させてしまう可能性があります。ベーシックな2つのデバイスについては、既存のiPhone 7とiPhone 7 Plusと同様のスタイルになる可能性があるため「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」と呼ばれる可能性が根強いです。その場合 “iPhone 7s” “iPhone 7s Plus” “iPhone 8″(もしくはiPhone XやiPhone Pro)というラインナップになる可能性があります。

設計

iPhone 8の場合、AppleはiPhoneを以前のデバイスと区別するため、2012年から使用していたアルミニウムと決別すると噂されています。AppleはiPhone 4に使用したガラス・バックのボディを採用する予定です。ガラスはアルミニウムよりも壊れ易く重いですが、ガラス技術は大きく進歩しており、例えば、Gorilla Glassはこれまで以上に丈夫で破損しにくくなっています。複数の噂では “プレミアム” な5.8インチOLEDモデル、および4.7インチ・5.5インチのサイズを含む2つの標準LCDデバイスの3つのバージョンのiPhoneがあることが予想されています。”プレミアム” なモデルでは、ガラスを採用する可能性が高いですが、他の2つのモデルについては不明です。プレミアムモデルはエッジ・ツー・エッジのデザイン、5.15インチの使用可能領域を備えた5.8インチのディスプレイ、そして、既存のホームボタンに置きかわるバーチャルボタンを搭載することが予想されています。

ディスプレイ自体は、液晶ではなく柔軟なプラスチックOLEDと言われています。消費電力の少ない薄型のデバイスを導入することができ “コントラスト比の高い、色に忠実なディスプレイ” を提供します。また、Galaxy S7 edgeのように、両側に湾曲しているエッジの可能性もあるかもしれませんが、この時点(2017年3月現在)では不明です。

ボディについては、AppleがiPhone 5,5s,6,6s,7およびSEで使用されていたアルミニウムから “iPhone 4” のようなガラスが採用される可能性があります。
※このボディについては、予想が分かれています

KGI Securities Analyst
Ming-Chi Kuo
(Appleの計画を正確に予測しているKGI証券アナリスト)

Kuo氏は、プレミアムモデルのiPhoneではステンレス製のフレームを使用し、そうでないモデルではアルミニウム製のフレームを使用すると予想していますが、3つのモデルすべてでガラスを使用すると考えています。

DigiTimes
(DIGITIMES daily IT news)

台湾のサプライチェーン内の情報源を挙げて、iPhone 8の頑丈さを出すために、ステンレス製のフレームを備えたガラスボディを採用すると予想。

日経

iPhone 3つのモデルすべてにガラスを使用すると予想。

Catcher Technology CEO
Allen Horng
(Apple supplier)

2017年に「ただ1つのモデル」のみガラスを採用し、他モデルは非ガラス製のiPhoneであることを予想。

Mac Otakara
(MACお宝鑑定団 日本のサイト)

4.7インチと5.5インチ「iPhone 7s(仮称)」と「iPhone 7 Plus(仮称)」については「s」という名前を冠しているので、iPhone 7とほとんど変わらないデザインで販売すると予想。

耐水性

iPhone 8はIP68の耐水性が特徴であり、iPhone 7とiPhone 7 Plusで得られたIP67よりもさらに改善されています。
IP68認証を取得したGalaxy S7 edgeのように、iPhone 8は深さ1.5メートルの水に30分間耐えることができ、防塵対策も万全です。

モックアップ・コンセプト

iPhone 8のリークにはまだ早すぎますが、多くのデザイナーは、iPhone 8が現在の噂に基づいて、どのように見えるかを想像して、モックアップ・コンセプトの動画を紹介しています。

表示

少なくとも1つのiPhone 8モデルにはOLEDディスプレイが搭載される予定で、既にSamsungと契約を結んでいます。Samsungは推定1億6000万のOLEDパネルをAppleに提供する予定です。これは、デバイスに使用されるすべてのパネルの約80%を占めます。AU Optronics,Sharp,Japan Displayなど、他の企業は2018年まで生産準備が整いませんので、2017年はSamsungに大きく依存します。OLEDディスプレイは、従来のLCDで使用されていたバックライトの必要性が排除されるため、Appleはデバイスで使用されるディスプレイの厚みと重量を削減することができます。OLEDディスプレイはフレキシブルでもあるので “より湾曲したディスプレイ” または “回り込んだディスプレイ” を備えたデバイスを作成することができます。OLEDディスプレイは “LCDより優れたコントラスト比” “リアルな色” “視野角の改善” “電池寿命の最大化” “より良い電力効率” “より速い応答時間” を提供することでしょう。欠点についてですが、OLEDディスプレイはLCDディスプレイに対して寿命が短く水への損傷を受けやすくなります。
ちなみにAppleでは既にApple WatchでOLEDディスプレイを採用しています。

KGI Securities Analyst
Ming-Chi Kuo
(Appleの計画を正確に予測しているKGI証券アナリスト)

OLED iPhone 8は5.8インチのディスプレイを搭載。
ベゼルを使用していないことで、5.8インチのディスプレイは4.7インチのiPhone 7と同じサイズになると予想。

IHS Analyst
Kevin Wang

アジアサプライチェーンの情報に基づいて、2017年のiPhoneには「デュアルカーブ OLEDディスプレイ」が搭載されると予想しています。

Thunderboltの代わりにUSB Type-C?

2017年のiPhoneでは、USB Type-Cが採用される可能性があります。

KGI Securities Analyst
Ming-Chi Kuo
(Appleの計画を正確に予測しているKGI証券アナリスト)

USB Type-Cの電力供給技術を実装して、iPhoneがより迅速に充電できる高速充電機能を提供してくると予想。

プロセッサー

TSMCはA11チップのすべての注文を確保したと伝えられています。
A11チップは小型化に加えて、より高速でエネルギー効率が高くなることでしょう。

ワイヤレス充電

最近の予想では、誘導型ワイヤレス(Apple Watchと同様の)充電ソリューションとなるのではないかと考えられています。
2月、AppleはWireless Power Consortiumに加わり、Samsung Galaxyのようなデバイスで広く採用されているQi無線充電規格のオープン開発に取り組んでいます。また、Appleは誘導充電に関する数十件の特許を申請しています。

Mac Otakara
(MACお宝鑑定団 日本のサイト)

ワイヤレス充電はハイエンドのOLED iPhoneでしか採用されないと予想。

KGI Securities Analyst
Ming-Chi Kuo
(Appleの計画を正確に予測しているKGI証券アナリスト)

ワイヤレス充電方式に関わらず、4.7インチモデル、5.5インチモデル、ハイエンドOLEDモデルなど、すべての新しいiPhoneがワイヤレス充電をサポートすると予想。

ストレージ

iPhone 8にはサムスンのNANDフラッシュメモリが搭載される見通しです。iPhone 7と7 Plusでは、Appleが256GBのストレージオプションを導入しました。iPhone 8にも同じように追加される可能性があります。
また、iPhone 8は64GBと256GBの2つのバリエーション展開が予想されています。

RAM

iPhone 7 Plusと同様、iPhone 8には3GBのRAMが搭載されると予想します。

Tapticエンジン

日経

強化されたTapticエンジンは、2017年のiPhoneに搭載可能な機能の1つであり、Appleは「より複雑な触覚振動を作り出すことができる高性能モーター」に取り組んでいると言われています。

3D Touch

AppleがiPhone用のガラスボディを実装し、少なくとも1つのOLEDディスプレイを導入する際、新しい3D Touch技術が必要になることでしょう。

KGI Securities Analyst
Ming-Chi Kuo
(Appleの計画を正確に予測しているKGI証券アナリスト)

iPhoneの熱を下げるために「追加のグラファイトシートラミネーション」を備えた新しい3D Touch Moduleを使用する必要がある。

バッテリー寿命

Appleは、より長いバッテリー寿命をサポートするスタック型ロジックボードの設計を計画していると言われています。その改良されたロジックボードは、4.7インチiPhone、および5.5インチiPhoneで従来通り利用可能な同じバッテリ寿命を提供します。プレミアムなiPhone 8では、よりエネルギー効率の高いOLEDパネルの使用により、バッテリ寿命をさらに改善することができます。

リアカメラ

KGI Securities Analyst
Ming-Chi Kuo
(Appleの計画を正確に予測しているKGI証券アナリスト)

kuo氏は、シングルカメラは4.7インチiPhone、デュアルレンズカメラは5.5インチモデルとOLEDモデルに搭載されると予想。広角レンズと望遠レンズの両方に光学式手ブレ補正(OIS)が搭載されると考えています。

ちなみにiPhone 7 Plusでは、広角レンズのみがOISを搭載しています。AppleがLGカメラモジュールを採用すれば、iPhone 2017のカメラは3D写真効果をサポートしてくることでしょう。

Mac Otakara
(MACお宝鑑定団 日本のサイト)

プレミアムモデルは、水平デュアルカメラシステムの代わりに新しい垂直デュアルカメラの採用するのでは、と予想。

正面カメラ

iPhone 8の正面カメラは、PrimeSense技術を搭載した3D検知機能を実現する3つのモジュールで構成される革新的なシステムとなります。カメラには、赤外線送信モジュール、赤外線受信モジュール、および従来のカメラが含まれます。赤外線の追加により、カメラは顔や虹彩の認識や、将来のAR機能に使用できる技術の前面に置かれた物体の位置と深さを見つけだすことができます。

KGI Securities Analyst
Ming-Chi Kuo
(Appleの計画を正確に予測しているKGI証券アナリスト)

iPhone 8には、顔認識や虹彩スキャンなど、高度な生体認証機能が搭載されてくる可能性を予想。

DigiTimes

Appleは社内で開発された新しい指紋認識技術を導入すると予想。
iPhone 8にはアイリススキャン技術が含まれており、ユーザーがアイスキャンでデバイスのロックを解除できるようすると予想。

Cowen Company Analyst
Timothy Arcuri

iPhone 8には、顔とジェスチャーの認識機能が搭載されると予想。

JP Morgan Analyst
Rod Hall

AppleがiPhone 8のTouch IDを取り除き、正面向きの3Dレーザースキャナを使用した “3D顔認識機能” に置き換わると予想。

Siri

DigiTimes
(DIGITIMES daily IT news)

Siriの機能が強化されているかもしれません。
Siriの拡張バージョンが何をすることができるのかは、はっきりとしませんが、文脈要求や他の対話に応答する能力が全体的に洗練されるのでは、と予想しています。

発売日

ここ数年、Appleは9月にiPhoneのアップデートを行ってきたので、順当に行けば、2017年の9月にはiPhone 8が登場するでしょう。
Appleのサプライヤーは、既にiPhone 8用の部品生産を開始しています。

将来のiPhone…

2018年以降、AppleはLG製の折り畳み式ディスプレイが期待されます。LGは2018年にスマートフォン用の折りたたみ式ディスプレイの量産を開始する予定であり、Appleとはパートナーであると噂されています。また、Japan Displayとの提携を検討しているとも噂されています。Japan Displayは、2018年に準備が完了する予定である、将来のiPhoneモデルで使用できるであろう “フレキシブルなLCDパネル” を開発しています。将来Appleは、ハイエンドモデルだけでなく、すべてのiPhoneをOLEDディスプレイで製作することを目指していると言われていますが、全OLEDラインナップには少なくとも2019年までかかるでしょう。
更にAppleは、iPhoneに虹彩スキャン機能を追加してくることでしょう。これはTouch IDの代わりに使用できます。指紋と同様に各人の虹彩はユニークであるため、アイリススキャンを識別目的で使用することができます。アイリススキャニングは、2017年のiPhoneにも噂されている機能でもあるため、iPhoneがいつ、この機能をいつ追加してくるかは不明です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

kiimi5.com

デジタル、車載動画を紹介しているサイトです。

Monthly Archive

Site Map

記事一覧はこちら

Profile

kiimi5のご紹介

News

最新ニュースはこちら

AD

Tag

iphone / iPad / iOS / アプリ / apple / レビュー / 2017 / おすすめ / Mac / rumor /  / 東京 / Wi-Fi / 北海道 / iPad mini 4 / android / sim / 方法 / データ / pro / キーボード / bluetooth / mobile / スピードテスト / iPad mini 5 / 函館 / WWDC / mini / バッテリー / 価格 / asus / uq mobile / 無料 / iPad Pro mini / スマートフォン / お土産 / windows / OSX / 観光 / au / 登録 / 千葉 / サービス / MVNO / 通信 / CPU / モバイル / windows 10 / 10 / セブンイレブン / プラン / 札幌 / keyboard / iPad mini / ホテル / デニーズ / カード / MacBook / Air / Panasonic / メニュー / 16GB / 発表 / 購入 / 3GB / おみやげ / リリース / デザリング / phone / 六花亭 / サイズ / 高速 / Spring / 6s / iPhone 6s / 7.9 / 展望台 / うわさ / Smart Keyboard / GoodReader / 名古屋 / 32GB / サービスエリア / 節約 / 発売日 / touch / 足湯 / Event / 違い / Amazon / Siri / 制限 / レンタル / UQ / 群馬 / ファイラー / iTunes / 設定 / ソフトクリーム / chiba / イオンモール / 電力自由化 / エネチェンジ / 美味しい / USB / iPad Pro 2 / 小樽 / 温泉 / 500kbps / lte / JR / 5 / x205ta / ストレージ / ファイル / 佐野 / メモリ / SA / RAM / スポット / Starbucks / ラッキーピエロ / カフェ / 登別 / モバイルルーター / RBK-3200BTi / REUDO / クリーム / plus / 壁紙 / docomo / 契約 / まとめ / safari / 静岡 / 写真 / カメラ / 予想 / 128GB / ZenFone / 松山 / Selfie / Microsoft / Four / 計測 / Uwasa / 10.5 / 12.9 / セブン-イレブン / 愛媛 / ランチ / 開通 / Apple Pencil / 店頭 / 容量 / 電話 / カレー / Speedtest / アップデート / simフリー / value / HWD15 / june / VPN / gunma / 上り線 / ポイント / できない / 出ない / どっち / ふた / ミニマリスト / インストール / クーポン / 表示 / モデル / iOS9 / タブレット / ATOK / みそ / 

error: Content is protected !!
- Menu -